上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここは、『探偵事務所クロワッサン』。

客の来ない探偵・神無月はづきと、かわいそうな助手・峰岸喜久子が二人きりで切り盛りしている事務所です……。




第4話「ジャガーの慟哭」




峰岸:ただいまー。ご飯買って来ましたよー先生。今日の夕飯はすき焼きにしますよー……ってあれ、何かギターの音が……先生?

はづき:(♪ジャカジャカジャカ……ジャジャン!)

峰岸:おぉう、楽しそうですね。へー、ギターなんか持ってましたっけ?

はづき:落ちてたの拾った!

峰岸:それは……確か遺失物横領罪になるような……。

はづき:…………拾ってない!

峰岸:そ、そうですか。まあ、私は黙ってますけどね。でもギターかー、私昔持ってましたよ。ちょっとしか弾けませんけどね。

はづき:お、試しにどうぞ。(渡す)

峰岸:はいはい。それじゃあ、こんな感じですが……。(禁じられた遊びを弾く)

はづき:おおー! ……お、いいこと閃いたぞ!

峰岸:完全スルーだ! がっかり! ……って、何を思いついたんですか?

はづき:君は今からギター探偵 峰岸喜久子だ!

峰岸:マジか! 何か波田陽区みたいな名前付けられた! ……って、私が探偵なんですか!?

はづき:そうだ。ギターの調べと共に推理。

峰岸:いやいやいや、ちょっと待ってくださいよ! 私探偵なんか出来ませんよ! それどころか、ギター弾きながらなんて!

はづき:大丈夫。ためしに1個謎を解いてみよう。

峰岸:マジですか……。分かりました、先生がそこまで私の可能性に期待しているなら、頑張ってみます! で、謎ってどんな謎ですか?

はづき:ちょっとした謎なんだけどな。Aさんは、動物園に行った。そこで象を見たんだ。

峰岸:はいはい。(♪ジャンッ)

はづき:次に、たくさんの動物を見た。さて問題。

峰岸:はいっ。(♪ジャジャジャンッ)

はづき:Aさんは、象ともう1つ動物が好きです。それはいったいなんでしょうか? ヒントは君がギター探偵だってところ。

峰岸:う~ん、それはですねっ!(♪ジャカジャカジャカジャカジャンッ) ……いや分かりませんよッッ!

はづき:簡単じゃないかー。しまうまだよ。

峰岸:ええっ!? しまうま……? ど、どうしてなんですか?

はづき:ギターと言えばバンド。バンドと言えばエレカシ。

峰岸:ほえ?

はづき:エレファントカシマシマ。

峰岸:わかりませんよ!! あんまりなぞなぞにもなってないし! 「バンドと言えばエレカシ」って、それ先生が好きなだけじゃないですか!

はづき:良いじゃないか「今宵の月のように」。

峰岸:私も大好きですけどね! いやでも、その謎は思わずくだらねえと呟きたくなるところでした! 先生、どっちにしろ私にはギター探偵無理そうです。ギター探偵は先生に襲名してもらいます。(ギターを渡す)

はづき:えー。弾けないよー。

峰岸:さっきじゃかじゃかやってたじゃないですか! 先生やってみてくださいよ。少なくとも、私には謎を解く能力は無さそうですし。

はづき:分かったよ…。(適当にかき鳴らしてる……つもりがちゃんと弾けてる)

峰岸:あっ、ちゃんと弾けてる! 弾けないとか言っといて上手いじゃないですかあ! ギター探偵 神無月はづきだ!

はづき:えっ、マジで? …おー、そうかそうか…(嬉しそう)

峰岸:じゃあ、先生。いや、ギター探偵。是非、謎を解いてもらいましょう!

はづき:お、来い!(調子乗ってる)

峰岸:今日の夕飯は、先生の大好きなすき焼きにする予定です。この通り、色々食材を買ってきてます。

はづき:あ、ホントだ! 食べよう! 焼こう! 煮よう!

峰岸:謎聞けよ! そこでです。今日、私がすき焼きの為に調子に乗って買っちゃったお肉があります。それはいったいなんでしょうか? ヒントは先生がギター探偵というところです。

はづき:ほう……。(めちゃくちゃかき鳴らしてたら「スリラー」に)

峰岸:マイケルジャクソン! 凄いテク!

はづき:ヒントないの?

峰岸:……ギター探偵と言うところです。(遠い目)

はづき:どこ見てんの! ねえどこ見てんの!(めちゃくちゃな「イマジン」)

峰岸:弾けてないです先生! いや、まあ……ヒントは、その、マイケルとかレノンとかと違う、日本のバンドと言うことです……。

はづき:ジャパン…?(「波乗りジョニー」)

峰岸:邦楽に帰ってきた! 夏でもないと言うのに波乗りジョニー!

はづき:……答えは?

峰岸:……ギターと言えばバンド。バンドと言えばマキシマムザホルモン。

はづき:どこの世界の人間がバンドの代表格ホルモンにするんだよ!

峰岸:……いや、MTH好きなんですもん、私昔からの腹ペコなので。良いですよね、「恋のメガラバ」。

はづき:知らねえよ! 凶器並べたあの変なタイトルの奴しか知らねえよ!

峰岸:ああ、包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリですね。あれ、包丁・ハサミ・ナイフ・カッター・ドス・キリだったかな? いや、包丁・ナイフ・ハサミ・カッター・ドス・キリ……?

はづき:順番どうでもいいわ!

峰岸:麺カタこってり! ……と、まあこの辺で終わりにして、ホルモン焼きも作ろうと思うんで。そろそろお腹減りません? 夕飯にしませんか?

はづき:そうだね。ギター探偵は無かったことにしよう。

峰岸:じゃ、コンロ出して……と。土鍋はここに入ってたはず。あ、先生、そこからお皿とお箸出しといてください。

はづき:あーい。(取り出す)

峰岸:えっと、あ、土鍋洗っといたほうが良さそうだな……。ささっと洗っちゃおう。

はづき:えー。まーだー?

峰岸:もう少し待っててくださいね、くそ、前やった時にちゃんと洗えてないなさては……。

はづき:まーーーーだーーーー?(皿で箸を叩く)

峰岸:お行儀悪いな! 子供じゃないんだからちんちきやらないで! もうちょっと待っててくださいね、これ拭いちゃったらすぐ準備しますんで……。あ、ご飯も解凍しないと……。

はづき:はづき:まーーーーーーーーだーーーーーーー!!(叩きまくる) ……あ。

峰岸:うるさいな! ……どうしたんです?

はづき:ドラム探偵ってどう?

峰岸:全然懲りてない! このバンド解散させてください!
... 続きを読む
スポンサーサイト
ここは、『探偵事務所クロワッサン』。

客の来ない探偵・神無月はづきと、かわいそうな助手・峰岸喜久子が二人きりで切り盛りしている事務所です……。




第3話「秋の夜長に向日葵は咲かない」




峰岸:おはようございまーす! ……ん? おはようございまーす!
   ……あれ? 先生まだ寝てるのかな。先生? 先生ー……って、うわあ!? そ、そこにいたんですか!!


はづき:Zzz...Zzz... あ、あ、おは、おはよう……。

峰岸:もー、ソファで寝ちゃって……。
   髪の毛ぼさぼさですよ。くま出来てるし。
   あー、何ですか、また夜更かししてたんですか?


はづき:そ、それをやってた……。

峰岸:んー? ……おぉう、PSPだ。何時の間に先生、PSPなんか買ったんですか。

はづき:経費を使って。

峰岸:何経費フリーダムに使っちゃってんの!? PSPが仕事に何の関係があると言うの!?
   そもそもどうしてゲーム買うお金があって、私のお給料を払うお金が無いんですか!
   私、もう二ヶ月もお給料貰ってないんですよ!


はづき:……1ヶ月分は物資支給したじゃん……。

峰岸:物資支給……? って、もしやおとといのこち亀1巻~40巻の古本の事ですか!?
   先生が漫画くれるなんて妙だなーと思ったら、あれ私の給料だったんですか!?


はづき:それとアルパカピバラ靴下。

峰岸:それあんたが懸賞で当てた奴だろ! そして変なキマイラ作り出さないで下さいよ! あれも給料だったの!?

はづき:給料だったの。

峰岸:マジか……ショックだわ……。こち亀も絵が古い奴だし、靴下も3足しか貰ってないし……。
   それにしても、先生がゲームなんて珍しいですね。何のゲームやってたんですか?


はづき:RPG……ってやつ?

峰岸:おー、王道ですね。ロールプレイングゲーム。

はづき:で、これやってたら推理方法思いついたよ!

峰岸:ぅぇ……マジですか。
   今日は剣と魔法のファンタジーで推理するつもりなんですか。深夜のテンション恐るべしですね。
   いったい、どうやるつもりなんです?


はづき:まずはクライアントの案件を、モンスターと考える。

峰岸:いきなりお客さん敵扱い!?

はづき:いや、あくまで案件をだよ。

峰岸:お、おぉう、そうですね……先走りました。それでそれで?

はづき:例えば「夫が浮気をしているかどうかを調べたい」という案件なら、こっちが持ってる武器は「夫の普段の通勤ルート」とか「夫の同僚」とかになるでしょ。

峰岸:お……おぉ、今度はちゃんと考えるタイプの推理方法だ! 良いですね!
   お客さんには失礼極まりないですが、何だか楽しくなってきました!


はづき:そうしたら、手段のチョイスに移るわけだ。「しらべる」「ききこみ」とかな。

峰岸:何かポートピア連続殺人事件みたいになってきましたねえ!
   うわー、先生! 凄いです! 何か先生が探偵みたいでかっこいいです!


はづき:そうして、私が使う手段。それは……。

峰岸:それは……!?

はづき:「たたかう」だ。

峰岸:駄ー目だぁー!?

はづき:だってー! このモンスター可愛いのにみだれひっかきしてくるんだよー! ウザいー!

峰岸:現実とゲームがごっちゃになってる!
   先生、リアルワールドにモンスターはいません! あと多分それ野良猫です!


はづき:…はっ! 夢かうつつか分からなくなっていた…。

峰岸:大丈夫ですか先生、目が死んでます!
   もう今日は午前中事務所閉めましょう! 休んでください!
   このままだと私まで攻撃されそうで怖いです!


はづき:……財宝を奪ったのはお前だなああ!!
   叩き切ってやる!!! 経験値よこせええ!!!


峰岸:Nooo!! やっぱり攻撃してきた!
   先生、私は盗賊でも経験値多目にくれるレアモンスターじゃないですよ!
   私を切ってもお金も経験値も貰えませんってば!


はづき:ハッ……君は、魔法使い……?

峰岸:いい加減ファンタジーから帰ってきてくださいよ!
   何で盗賊じゃなかったら魔法使いになるんですか!?
   私がMP消費してるとこ見たことあるんですか!?


はづき:……姫、姫じゃないか!

峰岸:これまた盗賊から相当のランクアップですね! 良く見てください先生!
   私、王冠被ってませんよ!? 先生と同じ、一般庶民ですよ!?


はづき:……は! み、峰岸くんか……!

峰岸:い、意識が戻ったんですね先生! 良かった!
   あ、あとその箒下ろして! さっきから何度か叩かれてるんで!


はづき:まさか……これは、伝説の飛べるホウキ……?!

峰岸:魔法使い出てきちゃった!
   装備アイテムじゃないですよ、それ! ニンバス2000じゃないですよそれ!


はづき:……はっ! み、峰岸くんか……。

峰岸:おぉぉ、正気に戻るタイミングが早くなってきた。先生、大丈夫ですか?
   HPゲージとか、もう見えてないですよね?


はづき:だ、大丈夫だ。見えてない。

峰岸:それならもう大丈夫ですね……。
   何かもうこれ以上先生と会話してると、より強力な棒で殴られそうなんで、いい加減寝てくださいよ。


はづき:むぅ……そうだね、寝ることにする。

峰岸:分かりました。じゃあ、ベッドメイクしときますんで……先生、ちょっとそこで待っててくださいね。

はづき:分かった。

峰岸:本当に待っててくださいよ?
   ……じゃ、ちょっと行ってきますねー。


はづき:……「にげる」!


五分後……。


峰岸:先生ー、お布団寝れるようにして来ましたよー……って、ルーラ使いやがった! 魔法使いかよ!
... 続きを読む
純情のためのペイン ロゴ




kissしてシクラメン 第一回単独公演


   純情のためのペイン



   花笠オトコマエ

    峰岸喜久子


提供:66プロデュース
会場:月刊ライブ&スタジオ

アシタへゲンキ!
 ㈱ピストルカンパニープロダクション



 本日はkissしてシクラメン第一回単独公演『純情のためのペイン』にお越しいただき、誠にありがとうございます。
 開演に先立ち、お客様にお願い申し上げます。場内での撮影、録音は固くお断りいたします。
 また、携帯電話やアラーム付腕時計、ポケットベル等音の出ます電子機器の電源をお切り下さいますよう、お願い申し上げます。

 ただ今、ロビーにおきましてオリジナルTシャツ、湯のみ、ポストカード等を販売いたしております。皆様のご利用をお待ちいたしております。
 閉演後は、お帰りの際、「見た」と一言でも宜しいのでご意見やご感想などお書き込みくださいますと、演者・スタッフ一同大変励みになりますので、是非ご協力下さい。

 まもなく開演でございます。ロビーのお客様は、お席にお戻り下さい。
 携帯電話の設定を、今一度お確かめ下さい。

 それでは、最後までごゆっくりお楽しみ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。